歯科治療を途中でやめると危険

虫歯の痛みが我慢できなくて歯科に行ったけれども、削って仮の詰め物をしたら痛みが和らいだので通院をやめてしまう人は意外と多いです。

抜歯後をして、インプラントやブリッジを入れる予定だった患者が来なくなるというケースもあります。

FC2まとめの有益情報を見つけよう。

虫歯治療を途中でやめてしまうと、口のなかで色々な弊害が起きてきます。
責任を持って治療をしようと思っていた主治医にとっては、非常に困ったことになります。

例えば、先ほどの例のように虫歯を削って仮の詰め物をして、通院をやめてしまったケースを考えてみます。



虫歯は除去されているし、穴も塞がれているので、患者側としては安心してしまいます。


しかし、仮の詰め物はすぐに取れてしまいます。

今、話題の新宿の歯科情報をお届けします。

きちんとした詰め物と違って、密着性が弱くできているので、その隙間から口内の虫歯菌が新たに侵入してしまうこともあります。

歯を削った後は、削る前よりも歯の状態が不安定になっています。

また、削る程度によっては、歯の表面のエナメル質の下にある象牙質や神経がむきだしになっている場合もあります。
歯科治療を途中でやめてしまうということは、危険な状態で生活しているのと同じことです。
また、歯科で抜歯した後に来なくなった場合には、歯列が乱れる可能性があります。本来歯がある場所に何もなくなってしまうと、他の歯が倒れてきたり、傾いてしまうこともあります。少しでも治療すると安心してしまうという気持ちもわかりますが、途中で治療を放棄するのは危険ということを理解しておきましょう。